小林賢太郎の「本」展に行ってきた

2019.11.09 Saturday 20:31
0

    小林賢太郎

    と聞いてピンと来る方はどれくらいいるのだろう?

    ラーメンズ

    と聞けば「千葉滋賀佐賀の人たちね〜」と言う人もいるだろう。若い人たち(笑)は日本語学校ネタすら知らないのかも。


    ラーメンズとは、

    小林賢太郎(ノッポの方)と、

    片桐仁(モジャモジャ眼鏡の方)によるコントユニット。

    ※通称は諸説あります、たぶん。愛情を込めてファンなどが呼んでいる印象。


    昔はNHKの爆笑オンエアバトルなどTVにも出ていたけれど、舞台でのパフォーマンスをベースにしている。

    と、現在系で書いたのは希望も込めて。最近はラーメンズでの新たな活動がない状態が続いている。


    では何をやっているかというと、それぞれが俳優、ソロパフォーマーとして活躍している。

    片桐さんは、最近ではドラマ「あなたの番です」に出てました。

    小林さんはソロでの舞台パフォーマンス「ポツネン」を海外で行ったり、NHKでの放映「小林賢太郎テレビ」に出たり。他にも漫画や翻訳、短編小説なども手がけています。

    小林賢太郎率いるコント集団「KAJALLA(カジャラ)」では第一弾で片桐仁も出演したので、ファン(私)は大興奮でした。

    ピンでもちゃんとそれぞれのカラーがあって、それがいちばん生きるのがラーメンズだとファンは感じてしまうところ。


    こちらがその第一弾。



    こちらは最新作。まさかのなだぎさんが出演。

    Amazonもあったよ。



    今回は、

    小林賢太郎の「本」展

    ー絵本と漫画と短編小説の、原画と原稿とメイキング資料ー

    に行ってきました。

    副題に詰まっていますが、小林さんのこれまでの作品の裏柄が見られる展示という内容でした。


    【ここからネタバレ含みます】


    受付で入場券を渡されます。なんとしおりになっている! さすが本展。


    入り口だけは写真撮影OKでした。


    展示スペースはぐるりと一周、そんなに広くなかったというか、所狭しと展示があった印象。


    以下、記憶が正しければ、になりますので悪しからず。


    最初のエリアは短編小説「こばなしけんたろう」のコーナー。

    連載当初は毎月購読してたなぁ。毎回「コバケンらしさ」満載で、小林さんが朗読する声が聞こえてくるような感じ。

    その世界観、舞台となった場所の写真やゆかりのお酒についてなどが展示としてありました。

    読んでから見ると「あ〜!」となりますが、そうでなくても世界観が掴めて楽しいかも。




    その次は「小林賢太郎演劇作品・うるう」の展示。

    私は初めて観劇した小林賢太郎作品が「うるう」だったので、個人的にはここがいちばんぐっと来た。

    実際に舞台で着た衣装や、イメージ画、原画(同作品の絵本版もある)がありました。

    今年は閏年なので再演するようです。音楽もまたいいんですよ。


    こちらが絵本。上演のものは映像化していません。




    そのあとは漫画。

    ここがスペース的に最も広かったかも。

    「ハナウサギ」を中心に、メモ書きやアイディア段階のような絵がたくさん。

    「らしい」絵ももちろんですが、「こんな絵も描くのか〜」と思うものもありました。引き出しの多さを感じた展示でした。


    あと、等身大のハナウサギがいました。

    発表は漫画、つまり平面のみですが、イメージを膨らませしっかり描くために立体も作るんだそう。

    漫画読んだ通りのハナウサギだったので感動した。


    ゆるーく、でも深みがあって、クスッと笑える漫画です。4巻まで。



    こちらは小林賢太郎の翻訳した絵本。シリーズで物販にもありました。


    漫画エリアには、小林賢太郎デスクの展示が。

    実際のアトリエを一部再現したとありました。

    一部実物もあったのかな? 同じものが置いていたんだっけ? かなり忠実だったと記憶しています。汚れたエプロンが印象的だった。



    最後にはお礼の言葉、最新の漫画の展示がありました(出版社も頑張ってくれました的な言葉とともに)。



    ぎゅっと凝縮された展示でしたが、まだまだこれだけじゃないぞ、という雰囲気も同時に感じられた展示でした。



    ちなみに物販はやや狭いスペースでしたが、さすがのセンスのものたちばかり。

    初日の早めに行ったせいか、売り切れもなく思ったよりスムーズに買えました。ちなみに現金のみ。


    クリアファイル、さりげなく可愛い。仕事で使えそう。影入っちゃってすみません。


    物販のレジ横にあったのがおみくじ。

    どうやら全部大吉のようです。

    センスはもちろんですが、小林さんの温かみを感じますね。私が引いたのはこちら。


    おつりがくるほど実ります、って(笑)

    ちなみにこのフクロウは「うるう」に出てくるんですが、入り口にもいました。



    ラーメンズファン、小林賢太郎ファン、デザインや絵に興味がある方、様々な角度から見て楽しめると思いますのでぜひ。

    本展は明日で最後です。足を運んでみては。

    https://twitter.com/kkw_event/status/1176361740914712577?s=21 

    リンクは公式Twitterより。

    category:book | by:文月 七comments(0) | -

    ただの料理の話ではーー「きのう何食べた?」

    2019.10.27 Sunday 17:09
    0

      タイトルのように、料理漫画かなぁなんて軽い気持ちで読み始めた、よしながふみ「きのう何食べた?」。

      作品詳細にも料理名が書いてあるんですよね( ̄▽ ̄;)





      もはやお馴染みの楽天koboで読んでます。

      ポイント貯まった時と、楽天セールやお買いものマラソンの時に購入。

      現在15巻まで購入可能です。


      この作品は、同性カップルの日常(とそのまわりの社会)を、手作りのご飯を通して描いています。


      弁護士で料理上手、いわゆる「ゲイっぽい感じ」が薄いシロさん。

      美容師で職場でも堂々とカムアウトする、でもどこか辛酸なめた感のあるケンジ。


      ひょんなことから同姓を始め(これも作品内で描かれます)、シロさんの作る晩ごはんを二人仲良く食べるのですが、まあ料理の美味しそうなこと!!

      行程もしっかり描かれているし、作るものも使うものも突飛なものがありません。


      二人の食費はなんと月2万5千円!!

      物価も消費税も上がった今では(漫画の初版は2007年)やや設定に難有りかと思いますが…

      一人暮らしで食費月2万を目標にしている身には惹かれるものがあります。

      派手すぎず貧相でもなく、よい意味での生活感とでも言おうかなぁ。


      そんな「きのう何食べた?」ですが、今春ドラマ化。

      反響もなかなかだったようですが、諸事情によりリアルタイム視聴も録画もできず(´;ω;`)

      先日、Amazon primeで発見!!

      一気見しました(笑)。


      料理シーンがあるから、映像化は本当にありがたい!

      何より、映像化のネックである「原作の方がよかった」感がない。

      1話ごとの深さや流れも悪くなく(これは漫画が込み入ってると感じるくらいに詰まっているのだが、うまくはしょっている)、登場人物それぞれに無理がない。


      特に主人公の二人のキャストがすごい。

      シロさん役に西島秀俊さん、ケンジ役に内野聖陽さん。

      特に内野聖陽さんには脱帽。本当に「臨場」の人か? と疑うほど。

      素人がどうこう言うのもあれだけど、たぶん「ゲイっぽさ」を出すのは簡単で、例えば仕草とか口調とかで表現できると思う。

      ただこの作品に求められるのはそういう「ゲイっぽさ」やコミカルな演技ではなく、あくまでも日常、自然体。しかもわけありな家庭や並大抵ではない(ゲイであるが故の)苦労を経ての今のケンジを演じるというのは難しいことだろうな。

      すごくはまってます。シロさんは初めから違和感なかったけど、内野聖陽さんは幅があるなーと感じた。


      こういうちょっとセンシティブな話題の漫画をテレビ放送するのはいい流れだと思う。

      同性愛とはいえ、誰かを大切に思う気持ちとか、家族や職場の問題とか、誰もが「自分のこと」として捉えられるようなことが描かれている。料理とか食べることもそうだよね。

      フォーカスし過ぎず、でもぶれていないところに、この作品のよさを感じた。

      そういうことも、より自然に受け入れられる世の中になっていったらな。



      漫画の9巻くらいまでがドラマ化された様子。違ったらごめんなさい。

      漫画は内容がぎゅっと詰まってます。ドラマはその中から1話ずつ選んでる感じ。だからドラマから漫画に入っても知らない話たくさんで楽しめますよ。

      私は次6巻を読みます。



      漫画はどんどん読めちゃうし、かさばらない電子書籍がおすすめ。


      DVDも売ってた。

      [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

      きのう何食べた? Blu-ray BOX(5枚組)【Blu-ray】 [ 西島秀俊 ]
      価格:16409円(税込、送料無料) (2019/10/27時点)







      category:book | by:文月 七comments(0) | -

      秋の花

      2019.10.18 Friday 22:19
      0

        皆さん台風は大丈夫でしたか?

        台風でこんなに備えたのは初めてでしたが、そのお陰もあってか私は無事です。

        ニュースを見ていると東日本大震災を思い出します。

        被害に遭われた方が一日も早く日常を取り戻せますように。



        私事ですがここ1ヶ月ほど立て込んでまして、怒涛の日々を過ごしています。


        たまにはゆるーく、季節の写真でもアップしようかなと。

        ふらっと外に出て写真を撮るのが好きです。

        とあるお寺で見つけたお花。台風の前に撮ったもの。



        曼珠沙華。

        見頃を過ぎてしまったのが悔やまれます。




        黄色い彼岸花って初めて見た。





        これ、なんて花だろう。(無知…分かる方教えてください)



        眼レフ抱えるほど凝っていないし、なんならスマホで撮影していますが(iPhone侮れない)

        琴線に触れたものを静かに写真におさめるのは好きです。

        写真好きな人とも繋がれたらいいな。


        ※無断転載は一切禁じます

        category:- | by:文月 七comments(0) | -

        Calender
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        楽天おすすめ
        Amazonはこちら
        猫グッズ
        お得なドメイン
        電子書籍はこれ
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • メンタリストDaiGoの動画見てみた。
          文月 七
        • メンタリストDaiGoの動画見てみた。
          インドウハル
        • 己の色彩――村上春樹
          インドウハル
        • 「毒親」デトックス――『あなたを苦しめる母から自由になる本』
          ふづき なな
        • 「毒親」デトックス――『あなたを苦しめる母から自由になる本』
          つぶあんこ
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM